“インターネットの歴史だった”――、2020年のFlashサポート終了を解説した海外連載が先週の1位