ダーウィン進化論に生じる誤解 | NHKテキストビュー

ダーウィン進化論に生じる誤解 | NHKテキストビュー

ダーウィン進化論に生じる誤解 | NHKテキストビュー

『種の起源』(1959年)で、ダーウィンは「生き物は変化していく」ということの科学的議論の詳細を初めて世に打ち出した。その変化は「生存競争」と「自然淘汰」の中で徐々に起こるものであるとダーウィンは考えたが、これを誤解している人が非常に多いと進化生物学者・総合研究大学院大学教授の長谷川眞理子(はせがわ・まりこ)氏は指摘する。 *  *  * 進化の考え方は、人間の行動や生態、いわゆる「人間の本性」を...

はてなブックマーク - ダーウィン進化論に生じる誤解 | NHKテキストビュー はてなブックマークに追加