オルバースのパラドックス – Wikipedia

オルバースのパラドックス - Wikipedia

オルバースのパラドックス - Wikipedia

もし星がどこまでも偏りなく分布しているなら、星の表面の割合はどの距離を考えてもほぼ等しいはずである。このときどの方向をみてもほとんど必ず星の表面が見え、夜空の暗闇は消え去っていたはずだ。 ガリレオが始めに見出したように、夜空を望遠鏡で観察すれば、肉眼では見ることのできなかった暗い星を多数見ることが...

はてなブックマーク - オルバースのパラドックス - Wikipedia はてなブックマークに追加